総量規制対象外とは?

日頃の暮らしでは様々な局面で多額のお金の用立てを余儀なくされるものです。しかしこれらに対応できるだけの費用が手元になかったり銀行の預金を見ても打開策が望めないようであれば、銀行や消費者金融で手軽な借入サービスを契約して活用すると良いでしょう。

ただしこの時に注意したいのは総量規制という決まり事です。消費者金融を始めとする貸金業者はこれらの総量規制によって、利用者の年収の3分の1を上回る融資を行ってはいけないことになっています。ただしこの規則には例外もありその場合の総量規制対象外とは、例えばカードローンやキャッシングなどの少額融資ではなく、マイカーローンや住宅ローン、おまとめローンなどのある程度のまとまった金額の借入となる場合です。総量規制対象外とはこのような特別な各種ローンに関して年収の3分の1を超える融資を認めるもので、これによって利用者は自分の年収をも上回るような借入が可能となるケースもあります。

また、総量規制対象外とは消費者金融などの貸金業者のみで用いられる言葉というわけではなく、銀行などのサービスにおいても用いられます。例えば銀行は貸金業者とは異なっていて銀行法に基づいて運営されるサービスですので、貸金業者にとって重要な利用者の年収の3分の1という枠組みも関係ないものとなります。この影響によって銀行では全くの無収入の学生やフリーター専業主婦などでもしかるべき手続きを行うことでお金が借りられることもあります。総量規制対象外とはそのようなものを定義する言葉といえるのです。