お金がいる状況になったためカードローンを利用したときの体験談

過去にカードローンを利用したことがある20代後半の男性になります。私はお金を貯められないタイプで、実家に暮らしている時から親に注意をされていました。一人暮らしをするようになってからは自分で家賃を払い、食費のことも頭に入れながら生活をしますので、親元で生活していたときよりはよりリアルにお金の管理について学ぶことが出来ました。

ですが、浪費癖はまだ残っており、その月に必要なお金を貯めることは出来ますが、その月の終わりには残ったお金がないほど使ってしまいます。まるで地方自治体のように期限まで無理して使ってしまう体質が残っているのです。このような生活をしていても普段は問題ありません。独身であることもその理由になります。

 

ですが、ふとしたときに出費があることがあります。月末の給料日に近くなると財布の中には良くて1万円かそれ以下しかありません。預金も数百円レベルです。そんな時飲み会の誘いに誘われることがありました。私は断ろうと思いましたが、前回も断っていますのでさすがに2回続けて断るのはまずいと思い参加することにしました。困った私は両親にお金を借りようとしたところ貸してくれませんでした。お金がいる状況の時に最後の助けになるのはカードローンになります。

ことの時は審査が必要になりますが、過去に返済をしていない借金がある場合などを除けば借り入れは難しくないと言うことでしたので、予想通り審査に通ることが出来ました。私のようにお金がいる人にとってはありがたいのがカードローンです。
10万借りる方法|即日借りるならどこ?金利が低いのは?はこちら