カードローンの返済方法は?

消費者金融大手の口コミ評判ランキングはこちら

カードローンで借りたお金の返し方で基本となるのは、特定の日までに必要なお金を入金する「約定返済」です。この方法では、カードローンの申し込みを行う時に約定返済日を指定し、契約締結後にお金を借り入れたら、指定した日までにATMや口座振替、銀行振込などの方法をつかって一定の金額を返していきます。現在、カードローン商品の多くで採用されている返し方は「残高スライド元利均等方式」と呼ばれるものです。これは、毎月の入金額が一定額でその中に元金と利息の両方が含まれる「元利均等方式」と、特定の日の時点における借入残高によって入金額を変化させる「残高スライド方式」の2つの方式を組み合わせたもので、お金を返し続けて借入残高を減らすほど、毎月入金しなければならない金額が減っていく利点がある一方で、入金したお金は利息に優先してあてられるため、元金部分が減りにくい欠点もあります。
借り入れたお金を早く無くしたいと考えている場合は、もう一つの返し方である「任意返済」を利用すると良いです。これは、約定返済とは別にATMなどから任意にお金を入金して返していく方法で、全額返すか、一部返すかのどちらかを選ぶことができます。一部を返す場合、入金したお金はすべて元金部分にあてられるため、その後お金を返していくのが楽になります。ただし、この方法を利用しても、利息部分が残っている限り次の約定返済日は必ずやってくるので、期日までに忘れずに必要な金額分の入金を済ませましょう。